ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 17日

それぞれの記憶


d0090161_22184154.jpg

僕の家族は、兵庫県宝塚市で罹災しました。幸い家族全員、命はとりとめました。その後の15年は子供の成長、自分自身の会社生活での生き方、家族の死など、震災経験が直接、間接的な影を落としているように感じた一日でした。


d0090161_22202793.jpg

(阪神大震災から15年目の神戸・三宮にて)


RICOH CX2

by chura-photo | 2010-01-17 22:21 | つぶやき | Comments(4)
Commented by ミッチ at 2010-01-19 00:25 x
震災記念日には神戸に来ておられたのですか。私は京都に行って
いましたので、完全にクロスしちゃいましたね。15年前の記憶は記録
映画のように脳裏に焼き付いています。
Commented by しろいひよこ at 2010-01-19 22:42 x
モノクロームでハイコントラストにしているのでしょうか、うまく表現できませんが、なにか社会的なメッセージをこめたお写真のようにお見受けいたしました
Commented by ue at 2010-01-20 08:32 x
みっちさん、京都でのんびりされたのは正解だったと思います。僕は、昼ソネに行きました。
Commented by ue at 2010-01-20 08:37 x
しろいひよこさん、リコーのCX2には「ハイコントラスト白黒」というメニューがありまして、ご覧のようにざらついたドキュメント風写真になります。モノクロで人気のある、森山大道氏の写真のようになると喜んでるマニアも・・・(笑)。


<< ちょっと雅      東京の空 >>