ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 02日

小春日和


d0090161_1974449.jpg

山茶花(サザンカ)の花です。同じ椿の仲間ですが、花びらがぽろぽろと落ちて見栄えがよくありません。綺麗に咲いている花を見つけるのも難しいのですが、やはり物悲しい感じの花です。
最近、喪中の葉書が来るようになりました。年の瀬を感じるひとコマです。

d0090161_19834.jpg

枯れ葉です。僕にとって、背景や光の当り具合を見て撮るのが大好きな素材です。
冬なのに暖かい日が続きます。人の肌は毛穴で体温調整をしているらしいです。ですから、いったん締まった毛穴がひらいて、油断したころに寒くなって風邪を引いてしまうんでしょうね。


(京都・御所にて)


フジ FinePix F200EXR

by chura-photo | 2009-12-02 19:09 | つぶやき | Comments(6)
Commented by SHIN at 2009-12-02 21:56 x
この枯れ葉、紅葉を逆光でどのように撮影するか、あれやこれやと考えているときが楽しいですね♪
Commented by ue at 2009-12-03 09:09 x
昨日は、本当に暖かい一日を過ごしました。リコーのGXRの発売が楽しみですね。
Commented by ミッチ at 2009-12-04 00:12 x
山茶花と椿の違いは、その散り方にあると思います。山茶花は花びらはらはらと
散り、椿は花の姿のままボトリと落ちます。どちらがいいのか、それぞれに
よさがあるように思います。山茶花には、落葉焚きという懐かしい唄がある分
私は好きです。
Commented by ue at 2009-12-04 09:02 x
花の写真を撮るようになり、恥ずかしながら山茶花と椿の区別が出来るようになりました。もちらも、趣があって好きです。
Commented by SHIN at 2009-12-04 09:23 x
ツバキのその散り方が首切りに似ているので、武家の庭先では縁起が悪いと言ってサザンカを植えるようになったんですよね。
Commented by ue at 2009-12-05 10:48 x
椿の様に、いさぎよく散るというのを好んだ武士もいたようですが・・・とにかく、現代では味わうことのできない風情ですね。


<< 金曜日の夜は      師走が始まる >>