2016年 08月 26日

京都・錦市場をぶらぶら

d0090161_833329.jpg

新鮮な鯛のお頭。
荒炊きなら最高^^

d0090161_835243.jpg

さすが京都のおばんざいの筆頭格、棒鱈。
お値段もしっかりです。

d0090161_842375.jpg

お茶ならこのお店がお勧め。
安いお茶でもコスパいいですよ!

d0090161_845425.jpg

新鮮な魚介類。すぐ食べたいのは人の常。
さすが商売人、立ち食いOKらしいです。

(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR Ⅲ

# by chura-photo | 2016-08-26 08:05 | スナップ | Comments(0)
2016年 08月 18日

阿波踊り

徳島の夏のお祭り「阿波踊り」の見物に行ってきました。
連日の猛暑にも拘らず、大勢の観光客が徳島に入っています。

d0090161_12304037.jpg


徳島で有名な眉山(びざん)に登って、ロープウエイから眺める徳島の賑わい。
この山は、女性の美しい眉になぞらえてそのような名前が付きました。

d0090161_12305965.jpg


d0090161_12311085.jpg


京都にいて、徳島はいつでも足を延ばせる処。
そのうちに、ゆけたらいいなあ~と思っていましたが、
今行ってっておかないとたぶん絶対行けない、の重い強く実行と相なりました。

d0090161_12312812.jpg


d0090161_12314043.jpg


d0090161_12315652.jpg


毎年観るテレビ中継とは違い、リズムに乗って軽やかに、そして見栄え良い踊りの連は少なく、
かといって甲乙つけがたい連が次々と繰り出してきました。

d0090161_12322287.jpg


d0090161_12323579.jpg


d0090161_12324831.jpg



さてさて、このイベントは見ていてもさほど感動するものではありません。
「同じアホなら、踊らにゃソンソン・・・」ですね。

d0090161_1233753.jpg


d0090161_12331727.jpg


d0090161_12332846.jpg

(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-08-18 12:35 | スナップ | Comments(2)
2016年 08月 18日

すき焼き


d0090161_11482650.jpg

家庭料理の話。

京都の人は、お茶漬けとか精進料理みたいなヘルシーなもんを、
日頃から食っているように思われるかもしれません。

観光ブームに流れて、京都のイメージが雅的になったのでしょう。

d0090161_11483850.jpg

実はお肉好きの京都人なんです。
小さいころから、そして今も
なんかあったら家ですき焼きを食っていたのを思い出します。

実際のところ、全国でも肉の消費量はいつもトップクラスなんです。
家で食べられるものを、わざわざ外食はしません。

ですから、京都にはすき焼き専門店は数少ないのです。
観光客用のお店はあります。

でも、京都人は「そんな高いお肉なら、家で食べたほうが納得やわ~」となってしまうのです。


(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR

# by chura-photo | 2016-08-18 11:48 | スナップ | Comments(0)
2016年 08月 14日

冷や麦

d0090161_22344182.jpg

沖縄で買った思い出の丼鉢。
泳いでいる魚は、県魚の「グルクン」という鯵の種類の魚です。


d0090161_22345747.jpg

冷や麦に、きつねのきざみをトッピングしてみました。
関西では、お揚げさんのことをきつねと言います。



(画像はクリックで拡大します)


OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-08-14 22:35 | スナップ | Comments(0)
2016年 08月 11日

酷暑の京都


d0090161_11505654.jpg

京都御所内の紫宸殿が通年の無料公開に。
文化庁の京都移転が決まっての宮内庁の計らいか?

d0090161_1151924.jpg

何はともあれ、いいことだ。
従来は秋、春の一週間の公開だった。

d0090161_11512985.jpg

大宮御所や迎賓館も通年公開となる。
おみくじやお札はないけれど、日本文化、平安朝1200年の歴史に触れてみよう。

(画像はクリックで拡大します)

RICOH GRⅢ

# by chura-photo | 2016-08-11 11:51 | お寺・神社 | Comments(0)
2016年 08月 01日

もうすぐ立秋

d0090161_10455632.jpg

8月に入っても、本当に今年の夏は厳しいですね。
なんせ湿度が半端じゃあないのですから。

セミの鳴き声が耳鳴りのように聞こえてきて、
暦の上ではもうすぐ秋なのに。

d0090161_10461828.jpg

そろそろ残暑お見舞いの挨拶を。
でも、まだまだ体力が奪われないよう頑張りましょう!



京都・御所にて


(画像はクリックで拡大します)



RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-08-01 10:46 | スナップ | Comments(2)
2016年 07月 25日

路地のネオン

このお店,気になっています。

カシスソーダーぐらいでいいかな?
ウイスキーみたいな強い酒はダメ。
でも、美味そうに飲んでいる人は羨ましい。

トンボのネオンが手招きしていました。

d0090161_14254255.jpg


京都先斗町にて。


(画像はクリックで拡大します)


Canon PowerShot G7X

# by chura-photo | 2016-07-25 14:25 | スナップ | Comments(0)
2016年 07月 24日

暑い昼下がり

京都も連日の猛暑で、ぐったり。

展覧会もお客はまばら。
ダリ(サルバドール・ダリ)に行ってきました。

・・・ああ、木陰が恋しい昼下がり。


d0090161_8353718.jpg




(画像はクリックで拡大します)


LEICA X2

# by chura-photo | 2016-07-24 08:36 | スナップ | Comments(0)
2016年 07月 21日

連休の京都(孫たちと楽しいことイロイロ)

子供達には天国の夏休みがやってきた。
早速東京から娘、孫たちが帰省し、夏の京都の風物詩、祇園祭を楽しんだ。

今年の祇園祭は連休とも重なって大賑わい。
宵山の四条通り、烏丸通の鉾町は大変な賑わい。

屋台の出し物に興味深々の孫に引き回され、親はぐったりとなりました。

嵐山の鵜飼いに行ったり、貴船の川床料理に涼を楽しんだり、新しくオープンした京都鉄道博物館に
行ったりと、孫のおかげで地元にどっぷり浸かっている親も刺激を受けました。

京都の台所と言われる錦市場。
対面販売と言って、お店の人と会話ができる老舗の商店街。

変わった品を見定めて、あれこれ孫と楽しんだ連休でした。

d0090161_839447.jpg


d0090161_840285.jpg


d0090161_8401750.jpg


d0090161_8403067.jpg


d0090161_8451559.jpg


d0090161_8404538.jpg





(画像はクリックで拡大します)



RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-07-21 22:41 | スナップ | Comments(2)
2016年 07月 19日

鵜飼い見物

d0090161_93205.jpg

京都・嵐山へ夏休みに入った孫たちを連れて行ってきました。

午後7時出船。
屋形船には、外人観光客も沢山まじって涼しい川風を満喫。
鵜飼い船のかがり火が勢いよく燃えていました。

d0090161_932268.jpg

鵜はかがり火に集まったアユを飲み込み、鵜匠の手でいったん吐き出します。
ここまでが鵜飼いのイベントで、終わったあと鵜の餌になってアユをみんなで分け合うとのことでした。

・・・でなければ、鵜たちもばかばかしくてやってられませんよね(笑)


(画像はクリックで拡大します)

RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-07-19 09:32 | スナップ | Comments(0)
2016年 07月 15日

祇園祭(宵山)

d0090161_14573831.jpg


d0090161_14575145.jpg

小雨交じりの京都の鉾町。
室町界隈は鉾町の中心。

d0090161_145884.jpg

浴衣姿の見物客が目立って多くなった。

d0090161_14583155.jpg


d0090161_1459140.jpg

京都を着物で観光したいというニーズ。
京都・西陣そして室町界隈は、着物文化の発祥地。

d0090161_14591634.jpg


d0090161_14592834.jpg

皮肉にも着物産業は衰退し、室町の着物問屋のビルはマンションに
変わってゆく。

d0090161_14594167.jpg


d0090161_1459566.jpg

ファッションは時代の変化を映す鏡。
時代が変わればファッションも変わってゆく。

d0090161_1501189.jpg


d0090161_1502437.jpg

日本が世界に誇る素晴らしい着物文化。
敷居が高いままに、庶民の趣向とかけ離れてゆくのは寂しい。



(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-07-15 15:00 | 祭り | Comments(0)
2016年 07月 12日

桔梗の寺(蘆山寺)

d0090161_940537.jpg


d0090161_9385556.jpg


d0090161_939633.jpg



京都御所の東、ここは豊臣秀吉の時代にお寺が集められた処。
一般的に「寺町通り」という。


d0090161_9391995.jpg


d0090161_9393586.jpg

源氏物語の執筆で有名な紫式部の住まいがあったところ。
蘆山寺(ろさんじ)に桔梗が咲き誇る。




(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-07-12 09:39 | スナップ | Comments(0)
2016年 07月 07日

サンフラワー


d0090161_8252139.jpg

1970年に公開されたイタリア映画「ひまわり」は、我々世代にはとても
印象の深い映画だ。

d0090161_8255858.jpg

主演は:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ
音楽はヘンリー・マンシーニ

d0090161_8261553.jpg

第二次世界大戦の最中、ロシア戦線で行方不明になった夫を探す新妻の悲劇。

d0090161_8263192.jpg

スクリーンに流れる音楽、ひまわり畑をさまよい夫の幻を追ってゆく彼女の姿。

d0090161_8264458.jpg

男女の絆を引き裂き、再会することへの絶望を目の当たりにした
ストーリーは、戦争への憎悪や反戦を訴えるものでもなく、

d0090161_827858.jpg

その映画を見る観客が、悲しみを深く心に刻み込むストーリーとなっている。

d0090161_8272216.jpg

彼女が彷徨う広大なひまわり畑は、ロシア戦線で多くの兵士が戦死したところ。
太陽に向かって一途に咲くひまわり。

なんどもなんども繰り返されるテーマ音楽。
ひまわり、サンフラワー。





「ひまわりの丘公園のひまわり畑」

兵庫県小野市浄谷町




(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-07-07 08:27 | スナップ | Comments(2)
2016年 07月 02日

下鴨神社



d0090161_2053972.jpg

夏越の祓を過ぎて、本格的な夏到来。

d0090161_20532340.jpg


d0090161_20534875.jpg

ひっそりとした境内にも夏の木陰、手水の水が心地よい。




(画像はクリックで拡大します)

Nikon Df(Nikkor50mm F1.4D)

# by chura-photo | 2016-07-02 20:54 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 29日

登校の朝

d0090161_16214887.jpg

家の近くに小学校がある。
朝夕には、沢山の子供たちの元気な姿。

最近、道端で群れを成して遊んでいる子供たちを見かけなくなった。


(画像はクリックで拡大します)



RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-06-29 16:20 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 26日

大樹の下で

d0090161_8113544.jpg

子供たちの屈託のない歓声、親も子も一緒になって。
何処から来たんだろうね?
子供の姿を見るのはまれな昨今。

d0090161_8123352.jpg

集まれば結構な存在感ですね。
楽しそう。


京都・御所

(画像はクリックで拡大します)


RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-06-26 10:11 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 20日

半夏生の寺

d0090161_17384749.jpg

梅雨の頃。
まるで葉っぱが、お化粧をしたように見えます。

d0090161_1739423.jpg


d0090161_17391888.jpg

夏の薬草花。
心の中が洗われたようでした。

d0090161_1739396.jpg


d0090161_17395350.jpg

今日は夏至の日。
一年の折り返し。
半年、気を引き締めて暮らしてゆこう。

京都・建仁寺塔頭・両足院にて。



(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR DIGITAL 3

# by chura-photo | 2016-06-20 17:39 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 19日

深夜のカレーショップ

d0090161_6271773.jpg

そろそろ小腹は空いてくる頃でしょう。
どうぞどうぞ、カツカレーでもなんでも食べてください。

私は遅いから寝ます。




(画像はクリックで拡大します)

Canon PowerShot G7X

# by chura-photo | 2016-06-19 23:27 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 14日

祈り

宇治の三室戸寺にて。

d0090161_23415148.jpg


d0090161_2342699.jpg


d0090161_23422771.jpg






(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-06-14 23:42 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 13日

花菖蒲(平安神宮)


少し季節外れになってしまいました。
花より緑の葉っぱが多いです。
でも、まだまだ見せてくれました。
d0090161_9444618.jpg



行った日は、観光客もまばらで散策もおつなものでした。
名刺旧跡、神社仏閣は空いていることが条件ですね。
d0090161_9454811.jpg


花の撮影はうす曇りがいいですね。
色が映えます。
d0090161_946739.jpg



(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR DIGITAL 3

# by chura-photo | 2016-06-13 12:37 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 09日

哲学の道


d0090161_19241720.jpg


d0090161_19251639.jpg

「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」-西田幾太郎

d0090161_19243316.jpg


d0090161_19253459.jpg


d0090161_19244820.jpg

紫陽花がやけに綺麗な哲学の道。

d0090161_19255089.jpg


d0090161_19261436.jpg


d0090161_19262579.jpg

南禅寺、ここも京都の名刹です。


(画像はクリックで拡大します)

LEICA X2

# by chura-photo | 2016-06-09 19:26 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 04日

緑の季節

d0090161_16322369.jpg


d0090161_16323794.jpg

初夏を感じるメタセコイアは、パワースポットのようにも思えて。

d0090161_1627441.jpg

名もなき草も、茶花にそえると様になる。

(京都・御所迎賓館の裏の散歩道)




(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-06-04 16:27 | スナップ | Comments(0)
2016年 06月 01日

京都・八瀬大原

d0090161_14203688.jpg


d0090161_14204944.jpg


d0090161_1421191.jpg


今日から6月、衣替えの頃。
春の特別拝観の瑠璃光院。

d0090161_1421153.jpg


d0090161_14213341.jpg



比叡の山麓にひっそりと佇む書院は、京の数寄屋造りの名人
中村外二の作。



d0090161_14223746.jpg

馬酔木の高木がうっそうと茂る広大な庭は、佐野藤衛門の作。

d0090161_14224952.jpg


d0090161_1423460.jpg


d0090161_14231654.jpg

春は青もみじ、秋は紅葉。
ただものでない八瀬の庵は、平安時代から脈略と続く貴族の隠れ家なんでしょうか。


(画像はクリックで拡大します)



Nikon Df(Nikkor35mm F2.0D)

# by chura-photo | 2016-06-01 14:23 | お寺・神社 | Comments(4)
2016年 05月 29日

新京極通り

d0090161_833532.jpg


僕たち子供の頃は市電が走っていたり、
大原から、朝採れ野菜を乗せた手押し車がやってきたり。

ダットサンとかトヨペットが幅を利かせていたりしていました。

そのころの京都の繁華街といえば、河原町通りや新京極。
親に手を引かれ、映画を見て洋食を食べさせてもらって幸せな一日が過ごせました。

時代が変わったといえばそれまでですが、すっかり寂れたこの繁華街。
でも・・・。
外人観光客でごった返す名所旧跡界隈を離れて、ここに戻れば昔の匂いが残っています。


(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR 

# by chura-photo | 2016-05-29 08:34 | スナップ | Comments(4)
2016年 05月 23日

京都・錦市場


d0090161_12113849.jpg

対面販売の楽しさ、不慣れなかけひき。

ここが思案のしどころね。

伊藤若冲は京都・錦・野菜問屋の跡取り息子。
異端の絵師と言われて、生誕300年で美術館は賑わっている。



OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-23 12:12 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 21日

東京・上野

d0090161_1832206.jpg

伊藤若冲生誕300年を記念して、国立博物館での展覧会。
いやはや、すごい人気・・・。
待ち時間、5時間、6時間は毎日のこと。
とどうしてこんな人気があるのだろう?

d0090161_18372971.jpg

京都が生んだ異才の絵師。
禅寺・相国寺の和尚が、才能を見込んでのパトロン支援。
生涯ににたくさんの奇抜な作品を残した。

終戦後、それらの作品の多くは欧米の収集家の手にわたっていった。
おかげで保存状態もよく、現代の我々の前に姿を現した。

写真は、国立西洋美術館の前庭のロダンの作品です。


(写真はクリックで拡大します)

RICOH GR DIGITAL3

# by chura-photo | 2016-05-21 18:32 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 19日

東京・人形町


d0090161_1028326.jpg

お洒落とは程遠く、どこか下町の匂いがする。

d0090161_10282375.jpg


d0090161_1028399.jpg

焼肉、すき焼きのお店が目に付く不思議な街。

d0090161_10285690.jpg

老舗のお店で、すき焼きを堪能しました。


RICOH GR DIGITAL 3

# by chura-photo | 2016-05-19 10:24 | スナップ | Comments(2)
2016年 05月 16日

スイカ


d0090161_8453631.jpg

毎日夏日が続くと、かぶりつきたくなりますね^^
熊本のスイカは6月までが最盛期で、震災で被害を受けて苦しい中、
農家の人たちは頑張っています。

そんな今年のスイカは、被災地を繋ぐ丸い玉。


OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-16 08:46 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 13日

カキツバタ(京都・上賀茂)

d0090161_1244030.jpg


d0090161_12537.jpg

上賀茂神社の近くにある太田神社のカキツバタ。
見ごろには少し早かったが、綺麗に咲いていた。

d0090161_1251872.jpg


d0090161_1253962.jpg


d0090161_1293461.jpg

最近になって、鹿が花を食べに来るらしいとのこと。
人と自然の動物が接近してきた昨今である。

d0090161_1255590.jpg


d0090161_1261796.jpg

近くに「すぐき」で有名なお店があって、少し買い物をして帰った。
連なる社家のそばを流れる小川に、澄んだ水の音が絶えなかった。



OLYMPUS E-P5 (G VARIO 12-60mm ASPH)

# by chura-photo | 2016-05-13 12:06 | スナップ | Comments(2)
2016年 05月 11日

京都の博物館

d0090161_23142443.jpg

「禅」心と形、という特別展が開催中。
明治22年に建築の本館に、新たに「平成知新館」という
近代的な展示場がオープンした。(平成26年)

それにしても、日本の美術館はどこも薄暗く(見にくい)、
作品から遠い(細かいところを観たい。)のだろう。

d0090161_231452100.jpg

外国(欧米)はもっと開放的。写真撮影も自由なところが多い。
日本は、観客が職員に監視されている。

文化庁の基準があるのだれうけれど、新しい器に古い酒を入れてほしくない。


OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-11 23:15 | つぶやき | Comments(0)