ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 02日

名残りの紅葉(龍安寺)

詫びさびの枯山水の石庭で有名な京都の世界遺産の社寺。

禅寺、龍安寺。
d0090161_13192700.jpg


d0090161_13202956.jpg
市内ではイチョウの木々が北風にあおられて、道端に黄色い葉っぱが舞い上がっている。
北日本では雪の便り。
d0090161_13205491.jpg
d0090161_13211940.jpg
紅葉も終わりに近づいた京都。
名残りのもみじを求めて、ここ龍安寺にやってきた。
d0090161_13214292.jpg
d0090161_13221065.jpg
d0090161_13222345.jpg


(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH



# by chura-photo | 2017-12-02 13:22 | 京都 | Comments(1)
2017年 11月 28日

メタセコイアの並木

琵琶湖の湖西道路に車を走らせた。
右手には湖面穏やかに、少し霞がかかった琵琶湖畔を見て。
左手には伊吹山がそびえ立つ。

やがて高島町に入り、国道161号線を走っていた。
もうすぐマキノスキー場だ。

ここにちょっとした名所がある。
日本の道百景に選ばれた「メタセコイアの並木道」

およそ500本、延長2kmの紅葉のプロムナードだ。
圧巻の景色に見とれた後は、マキノ温泉で癒された。

d0090161_13244185.jpg



(画像はクリックで拡大します)

RICOH CX-3




# by chura-photo | 2017-11-28 15:10 | スナップ | Comments(0)
2017年 11月 25日

京都・秋のフォトウオーク

今年の秋も紅葉真っ盛りの時がやってきました。
ずいぶん昔から、こうやって写真好きの仲間がやってきて、
私が京都案内人をかって出るのです。

d0090161_12275855.jpg
d0090161_12284002.jpg

毎年春と秋、京都の穴場とグルメを楽しむのが仲間の条件ですが、
その都度頭を悩ませられ、嬉しくもあり又どうかな?という一抹の不安も交錯するのです。

d0090161_12292802.jpg
以上は、門跡寺院:霊鑑寺にて。



年々京都への観光客が増える昨今、
美しい景観、交通に便利、人ごみに紛れない。
そのようないい条件は益々難しくなってきました。

d0090161_12302496.jpg
d0090161_12310707.jpg
d0090161_12314043.jpg
でも、京都人のプライドもあり・・・
今回は
東山の獅子谷、哲学の小道に近い寺院に赴くこととなりました。
はたして穴場となりましたかな?

d0090161_12321895.jpg

以上は、浄土真宗:安楽寺にて。


d0090161_12333958.jpg




(画像はクリックで拡大します)



Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)


# by chura-photo | 2017-11-25 12:33 | 京都 | Comments(2)
2017年 11月 16日

京の暖簾(のれん)

京都は暖簾の多い町です。
ここ京都で老舗と言われるには、創業300年以上がボーダーラインらしいです。

お茶・和菓子・呉服、飲食店なだなど。
ふらっと街歩きをしていて不意に出くわすと、その存在感に思わず引き込まれるものですね。
d0090161_09441967.jpg


ここは「雨森敬太郎薬房(あまもりけいたろうやくぼう)」という薬屋さん。
創業1648年と言われています。
すいだし軟膏の老舗です。できもの、はれものに効能があるとか。

街にドラックストアーが溢れる昨今ですが、売る人あれば買う人ありで
商いは成り立つものですね。

d0090161_09371751.jpg


雨森敬太郎薬房

京都市 中京区 車屋町 二条下る




(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR


# by chura-photo | 2017-11-16 09:37 | スナップ | Comments(0)
2017年 11月 12日

イチョウの木の下で

京都・御所の秋。
落下した銀杏の実が、僕の足元に散らばっている。
銀杏は苦手だ。




d0090161_13123095.jpg


(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR DIGITAL3


# by chura-photo | 2017-11-12 13:09 | スナップ | Comments(0)
2017年 11月 09日

四国お遍路・八十八カ所霊場巡り (第二回)

今回の旅は、高知ー足摺岬ー宿毛ー宇和島ー伊予ー松山ー今治の30ケ寺を4泊5日で巡礼しました。
幸い天候にも恵まれて、気持ちの良いお遍路でした。
山々では紅葉が始まり、秋の遍路時も色とりどりでミカン畑も伊予の風情を醸し出しています。


d0090161_17263112.jpg
d0090161_17333466.jpg

高知では名物のカツオのたたきをお腹おっぱい食し、土佐の荒塩との取り合わせも絶妙でした。
クジラの刺身とかウツボとか、レアな地産品も旨かった。

質素な旅を旨としても、弘法大師様のお許しを得てちょっと贅沢をしてしまいました。

桂浜、坂本龍馬の生家なども見物出来て、お遍路の楽しみが増しました。

d0090161_17305648.jpg
d0090161_17302739.jpg
松山に到着したのは夕暮れ時。
早速道後温泉に浸かり、大勢の旅人と湯を一緒にする爽快感を味わいました。


d0090161_11084564.jpg
今治市に入り、街の食堂で旨い唐揚げ定食にありつきました。
さすが焼き鳥県の異名を誇る土地柄ならではの出会いです。

d0090161_17314346.jpg
d0090161_17360900.jpg
我々家族は、すでに一回目のお遍路で29ヶ寺の巡礼を済ませています。
小学生の孫もすっかり般若心経を覚えて、静寂な境内に響く黄色い読経は爽やか。
行き交うお遍路さんからお褒めの言葉をもらい、大変気をよくしていました。

d0090161_17370759.jpg
d0090161_17374511.jpg


次回のお遍路は来年の春に香川県の寺をを巡礼し、
これで八十八カ所を巡り終え、高野山(和歌山)で無事に満願成就することを祈っています。

d0090161_17382010.jpg
d0090161_17383863.jpg



(画像はクリックで拡大します)



OLYMPUS E-P5  14-42mm f3.5-5.6 EZ

# by chura-photo | 2017-11-09 17:28 | 旅行 | Comments(0)
2017年 11月 01日

錦市場をぶらり

すっかり観光地化しましたね。
お正月が来たみたいで楽しい風景。

d0090161_22392411.jpg
d0090161_22404211.jpg
ここへ仕入れに来る料理屋さんも減ったらしい。
居酒屋,B級の店が増えて仕入れルートも変わったのでしょう。


d0090161_22395977.jpg
新鮮な鯛のお頭。アラ焚きで食ってみたい。
d0090161_22401646.jpg


(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR



# by chura-photo | 2017-11-01 22:41 | スナップ | Comments(0)
2017年 10月 27日

鴨が渡ってきた

台風21号の爪痕も癒えて、池に住むマガモも夫婦仲よく餌をついばんでいる。
やがて、オシドリの艶やかな姿が見られるのも待ち遠しい。
d0090161_17041392.jpg
ー京都・宝が池ー


(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR


# by chura-photo | 2017-10-27 17:04 | スナップ | Comments(0)
2017年 10月 22日

ニューヨーク・マンハッタンへ

先週、4泊してニューヨークのマンハッタンに行ってきた。
関西のジャズのリスナー仲間3人と一緒だった。

NYに行くきっかけは、我々が応援しているジャズ・ブオーカリストが留学中で、ならば
現地でも困ることもなく、いろんなアテンドもしてくれるという。
チャンス到来ということで海外旅行に踏み切ったわけである。

思えば9年前の2008年7月、始めてのニューヨーク旅行だった。
その時も、ジャズ仲間と楽しく過ごした数日は、忘れられない楽しい思い出である。

ところが帰国して2カ月で世界は急変した。
リーマンショックが発生し、世界経済はアメリカ経済の破綻の余波でとんでもないことになった。
あれから7年、アメリカは世界の頂点に復帰していた。

人種差別、貧困格差は拭い去れないが、マンハッタンのタイムズスクエアーに立った時、我々は違和感のない澄んだ空気感に浸っていた。
毎晩一流のクラブでライブ三昧し、憧れのミュージッシャンの舞台に酔っていました。

ミュージッシャンにっとって、音楽が全てであることは紛れもないことですが、
人生にとっては、音楽が全てではないように思います。

ニューヨークに渡り、日々の生活の中で様々な事に挑戦している若きミュージッシャンの姿は、
日本で見ていた頃より輝きが増していたのでした。
d0090161_09353557.jpg
NYの地下鉄の階段が好き。
d0090161_09364044.jpg
やたらと銀行が目に付く。
ほとんどATMで、キャッシュカードが無ければドアが開かない。
d0090161_09370583.jpg
d0090161_09373916.jpg
タイムズ・スクエアーは大阪道頓堀のネオンを思い出した。
d0090161_09381073.jpg
d0090161_09384900.jpg
閑静な住宅。住んでみたい。
d0090161_09390951.jpg
d0090161_09393464.jpg
ネオンも液晶で目に優しい。
d0090161_09400009.jpg
グラウンド0。9.11この日無念にも数千人の命が散った。
合掌!
d0090161_09410230.jpg
d0090161_09415663.jpg
d0090161_09422245.jpg
五番街を行く。
d0090161_09425220.jpg
d0090161_09434651.jpg
d0090161_09443565.jpg
d0090161_09451902.jpg
ようやくカメラアングルに収まったエンパイア・ステートビル。
d0090161_09460039.jpg
d0090161_03053229.jpg
d0090161_03062062.jpg
d0090161_09465205.jpg
d0090161_09502024.jpg

d0090161_09524408.jpg
d0090161_09533196.jpg
ニューヨークで修行中のミュージッシャン達。
d0090161_09542717.jpg

(画像はクリックで拡大します)
旅行中使用したカメラ:LAICA X2、 RICOH GR DIGITAL3、 CANON G7X、 OLINPUS TG-5


# by chura-photo | 2017-10-22 09:55 | 旅行 | Comments(2)
2017年 09月 29日

室生寺(女人高野)

奥深い渓谷と山に囲まれた修験道の聖地。
微かに色づき始めた紅葉が、秋の訪れを聞かせてくれる。

訪れる人もまばらで、静寂感が漂う境内の石段をを登ってゆく。
d0090161_17401864.jpg
d0090161_17404142.jpg
d0090161_17405856.jpg
その昔、真言密教の修験道の寺にもかかわらず、女性にも参拝を許したので
女人高野と言われている。

数年前の台風で全壊した五重塔も修復されて、元通りの姿に戻っていた。
塔全体は意外に小さい。

d0090161_17413730.jpg
d0090161_17420249.jpg
d0090161_17424653.jpg
山門をくぐると、穏やかな石段が本堂に続き深山の趣が増してくる。
御本尊は、如意輪観音菩薩様。

人々のあらゆる苦悩を救い、すべての願いをかなえる菩薩様が祀られている。


d0090161_17431634.jpg
d0090161_17433689.jpg

山門に一礼し、納経所で御朱印を頂く。
また訪れるかもしれないし、もうこれが最後かもしれないが、
ご信仰の証として有難く頂戴した。

d0090161_17435890.jpg
d0090161_17442208.jpg



(画像はクリックで拡大します)

Nikon Df(AF-S NIKKOR 24-85mm f3.5-4.5G)



# by chura-photo | 2017-09-29 17:44 | お寺・神社 | Comments(0)
2017年 09月 23日

お彼岸の花

今日はお彼岸の中日といって、昼と夜の長さが同じ日。
これから毎日少しずつ、日が短くなってゆきます。

お墓参りをしてきました。


d0090161_12073005.jpg











(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR DIGITAL3


# by chura-photo | 2017-09-23 12:07 | スナップ | Comments(0)
2017年 09月 22日

眠れぬ夜

d0090161_23293063.jpg



(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR DIGITAL3


# by chura-photo | 2017-09-22 23:29 | スナップ | Comments(0)
2017年 09月 21日

祇園をぶらぶら

お彼岸に入り、爽やかな今朝。

お墓参りをしようと思いました。
d0090161_16573264.jpg
d0090161_16590527.jpg
建仁寺は祇園の南にあって、花街と隣り合わせです。
d0090161_16570886.jpg
d0090161_16580387.jpg
d0090161_16594405.jpg
墓参りをすませて、気持ちも新たになり、

境内の蝉の鳴き声が夏の名残を留めていました。

d0090161_17001459.jpg
d0090161_17003761.jpg






(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR


# by chura-photo | 2017-09-21 17:00 | スナップ | Comments(0)
2017年 09月 19日

真如堂の萩の花

比叡山から連なる東山に近く、真如堂は比叡山天台宗のお寺です。

秋の紅葉の頃には大勢の観光客で賑わう寺も、今はひっそりと佇む今日この頃。
d0090161_16160786.jpg
本堂には阿弥陀如来様がおられます。

お庭には萩の花が可憐に咲いていました。
d0090161_16162547.jpg
かすかに色ずく紅葉に、来る秋を思うのでした。

d0090161_16182203.jpg
d0090161_16184060.jpg
(画像はクリックで拡大します)



LEICA X2


# by chura-photo | 2017-09-19 16:18 | お寺・神社 | Comments(0)
2017年 09月 07日

四国お遍路・八十八カ所霊場巡り その①

(阿波の徳島霊場ー1番~23番)
1番霊場:霊山寺から四国山脈、平野を巡り23番霊場:薬王寺までお参りしました。

今回は孫息子の夏休みの最後の旅行として、娘が計画して孫娘とともに家族4人の巡礼となりました。
d0090161_11564725.jpg
d0090161_12012394.jpg


山門で一礼
手水場で手を清め鐘を突き
蝋燭、線香をあげお札を納めて、お賽銭をあげ
般若心経を唱え納経帳に御朱印を頂く。
d0090161_11583709.jpg
d0090161_12002099.jpg
d0090161_12005140.jpg

都会の雑踏から離れて、世間の俗塵を離れて無心になってお参りすることがだんだん心地よく、なにかに導かれているような気持になってくるのでした。

(土佐の高知霊場ー24番霊場~29番霊場)
海を見ることが無かった四国霊場巡り。
土佐の高地に入り、室戸岬に達して、
太平洋の荒波と広大な水平線を見たとき、はるばる遠くに来たものだと実感新にしました。
d0090161_11594173.jpg
d0090161_11595923.jpg

d0090161_12454023.jpg
これ以降は、次回の学校休みに霊場巡りをします。高知→愛媛→高松→高野山まで一年かけての巡礼の旅の予定です。




(画像はクリックで拡大します)


OLYMPUS TG5

# by chura-photo | 2017-09-07 10:36 | 旅行 | Comments(0)
2017年 09月 01日

夏休みの旅(長崎・ハウステンボス)

娘達を連れて家族旅行をしたのは、定かではないが25年ほど前のこと。
懐かしい九州のテーマパーク。


d0090161_10240894.jpg
今回は娘、孫二人の二泊三日の旅。
吾輩は見守り役に徹していた。
d0090161_10245620.jpg


八月も末近く、観光客もまばらでゆったりできました。
九州の残暑も厳しく、夜のテーマパークを十分に楽しみました。
d0090161_10253344.jpg
d0090161_10260390.jpg


最終の日、レンタカーで有田焼の窯元を訪問。
焼き物センターで買い物とか、絵付け体験などおまけの楽しみもありました。

僕は蕎麦猪口の気に入った一品が買えて満足。
d0090161_10263305.jpg
d0090161_10273263.jpg
d0090161_10265382.jpg
昼食は伊万里牛の旨いお店を見つけて、ちょっと贅沢をしました。


d0090161_10291795.jpg





(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS TG-5




# by chura-photo | 2017-09-01 10:14 | 旅行 | Comments(0)
2017年 08月 27日

飛騨高山

飛騨の小京都と言われる高山市に、マイカーを駆って気ままな旅をしました。
d0090161_10115655.jpg
岐阜県は海のない処。
東海北陸道を北上すると、トンネルがとても多い山間部をぬって、標高の高い高山市にたどり着きました。
その分少し残暑も穏やかでした。
d0090161_10125234.jpg
d0090161_10133108.jpg
d0090161_10140985.jpg
d0090161_10143916.jpg

古い町並み地区として、指定文化財になっています。
狭い碁盤の目のように、南北に通った狭い道路は土産物屋が軒を連ねていました。

d0090161_10151068.jpg
d0090161_10183675.jpg

ここは水が綺麗で、蕎麦や地酒のお店が7があちこちにありましたが、
日本酒の趣味のない僕には猫に小判でありました。

d0090161_10155005.jpg
d0090161_10163432.jpg
d0090161_10213166.jpg
d0090161_10221635.jpg



最近有名になった、飛騨牛の炙り寿司!
お店の前には行列が!
どうやら観光地化した地元の副産物の様で、地元の人はあまり関心がなさそうでした。

d0090161_10172100.jpg
d0090161_10175030.jpg
d0090161_10192432.jpg



一泊の宿をとりましたが、そこはレトロ調のこじんまりしたお宿。
ボリューム満点の夕食、朝食に満足。
ミネラル豊富な温泉に浸かって、旅の疲れが癒されました。
d0090161_10203822.jpg

d0090161_10202756.jpg



(画像はクリックで拡大します)
Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)


# by chura-photo | 2017-08-27 10:22 | 旅行 | Comments(2)
2017年 08月 20日

美山の里

京都府のほぼ真ん中にあって、広大な面積の大部分を森林が占める南丹市美山町。
市内からはマイカーで2時間余、北山杉に挟まれた街道を走らせる。

d0090161_09153604.jpg

町の中央には、鮎で有名な清流を誇る由良川水系の美山川、南北に走る棚野川が走り、
それらの川に沿って古いかやぶきの住居が多数現存し自然景観と調和しています。

d0090161_09155985.jpg

およそ40件の古民家は実生活の場でもあり民宿、食事処などもあって
、家族のカントリーライフも楽しめそう。
d0090161_09171275.jpg

鉄道もなく、大きな道路もない一見不便な田舎と思われそうな京都美山町には、
実はものすごくたくさんの魅力がかくされているのです。


d0090161_09173782.jpg
日本海の港町で鯖街道の起点、小浜まであと一時間である。

雪に埋もれた冬、牡丹鍋が魅力的。
是非泊りがけで来てみたい。





(画像はクリックで拡大します)

Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)


# by chura-photo | 2017-08-20 09:21 | スナップ | Comments(0)
2017年 08月 13日

お盆の墓参り

早朝の静寂な境内に入って、緩やかに続く石段を踏みしめて墓地に向かう。
蝉の亡骸が墓地の砂利の上にころがっていた。
d0090161_07374982.jpg

d0090161_07380856.jpg

耳鳴りのようにも聞こえるセミの合唱は、
短い夏の命を絞り出しているかのようだ。

d0090161_07390905.jpg
d0090161_08214717.jpg


祖父母、妻、両親を見送って、一つの墓石に刻まれた家紋を眺める。
花を供えて線香をたく。
ただ無言で手を合わせた今年の盛夏であった。
d0090161_07392881.jpg


臨済宗 建仁寺山内・両足院にて。




(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR


# by chura-photo | 2017-08-13 07:39 | スナップ | Comments(0)
2017年 07月 31日

沖縄の旅(石垣島)

石垣島に訪れるのは三年ぶりかな。
青い海に浮かぶサンゴ礁の島は、僕を快く迎えてくれた。

京都を朝の6時に出て、那覇空港で昼食休憩し、さらにJTA便で石垣島に夕刻到着。
直行便もあるが、那覇空港が気に入っているからそうするのです。
d0090161_13415663.jpg

地元の友人にも再会した。
お孫さんは女の子二人。
お互いに歳を取ったなあと、励ましあって・・・島の農業も大変な重労働と思った。
サトウキビ畑をもって、そして畜産農家でもある彼と奥さんの毎日は厳しい労働だ。


d0090161_14103180.jpg

一昨年、石垣新空港が出来て急に観光の島となった。
加えて香港、台湾からクルーズ船が定期的にやってくるので、
インバウンドの上陸がある日には、スパーマーケットは雑踏に参れて地元の人も迷惑するとか。
d0090161_13424190.jpg


市内は観光地化して、ホテルや居酒屋がにぎわっていて、かってのようなのんびりとした自由な空気感はない。
そんなことで、今回も野底という裏石垣のペンションに滞在。
東シナ海の夕日を思いっきり堪能した。
d0090161_13431909.jpg

d0090161_13434045.jpg

d0090161_13435902.jpg

d0090161_13442786.jpg

石垣島の楽しみは離島訪問である。
八重山諸島といって、石垣島を中心に八つの島が連なり、
最西南端の島、波照間島から台湾は目と鼻の先。


最初に訪問したのは竹富島。
小さな島に人口四千人余。赤瓦に家守のシーサーが鎮座している。
民宿が増えた。
ここも、観光化の波にのまれてゆくのだろうか。

d0090161_13461760.jpg

d0090161_13464041.jpg

d0090161_13470799.jpg

d0090161_13472930.jpg


西表島では仲間川のマングローブを船でさかのぼった。
ちょうど満潮時にあたり、かなり上流まで入っていった。

d0090161_13481550.jpg

d0090161_13483570.jpg

水牛に引かれて、干潮の海を由布島まで渡った。
時折スコールがやってきて、ほてった体を冷やしてくれた。

d0090161_13490085.jpg

d0090161_13491927.jpg

d0090161_20040979.jpg


d0090161_13494307.jpg

ここは別世界かも知れない。
時間の感覚が他と違う。
日本語の通じる安堵感が実は旅のくつろぎで大切な事と思った。
この島に来て本当に良かったと思う。




(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-PL5( 14-42mm f3.5-5.6 EZ ED MSC)
 

OLYMPUS TG-2



# by chura-photo | 2017-07-31 13:50 | 沖縄 | Comments(2)
2017年 07月 22日

御手洗(みたらし)祭り

京都・下鴨神社の御手洗(みたらし)祭りです。

御手洗池(みたらしいけ)の湧き水に足を膝まで浸して、蝋燭の灯明を持ったまま社までゆっくり歩いて、
ろうそくを献灯し、罪やけがれを祓って無病息災を祈るお祭りです。

...

22日(土)--30日(土)
pm5:30ーpm9:00

¥300-

金、土の夜は行列が激しいので余裕をもってゆきましょう。

d0090161_23060072.jpg
d0090161_23065659.jpg
d0090161_23080622.jpg

身を切るような湧水に足を付けて、厄払いが出来たと思います。
来年も行きたいと思います。
d0090161_23084695.jpg
d0090161_23090574.jpg

(画像はクリックで拡大します)




Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)




# by chura-photo | 2017-07-22 16:27 | Comments(2)
2017年 07月 21日

北海道へバカンス




東京にいる上の孫の小学校が、早くも夏休みになりました。
そんなわけで、北海道のトマムリゾートに、
3泊4日のバカンスに行ってきました。

グループは娘、二人の孫と私の4人。
私はもっぱら見守り役でした。

d0090161_15472871.jpg

北海道勇払郡占冠村字中トマム
難しい読み名ですね。

星野リゾートは、冬もスキー客でにぎわっている
北海道中部地区の大きなリゾートです。
d0090161_15483189.jpg




d0090161_15502493.jpg
さすが北海道の山奥深く、気温は最高でも20度。
あいにくの小雨交じりの曇天でしたが、
室内プール、渓流釣り、川でのラフティング、パラグライダー体験(上の孫だけ)、熱気球体験と
バラエティーに富んんだバカンスでした。


d0090161_15480149.jpg
d0090161_15490509.jpg

d0090161_15522560.jpg

トマムリゾートの目玉の一つ「雲海テラス」での雲海は、
あいにく気候の関係で見ることはできませんでした。
d0090161_15500262.jpg

d0090161_15510621.jpg
北海道旅行は、なんたってレンタカーが便利。
新千歳空港からトマムリゾートまで約85km。
車で2時間弱と、やはり広い北海道でした。


d0090161_09212637.jpg


(画像はクリックで拡大します)



OLYMPUS E-P5 ( 14-42mm f3.5-5.6 EZ ED MSC)





# by chura-photo | 2017-07-21 15:56 | Comments(4)
2017年 07月 02日

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

6月30日は夏越の払(なごしのはらい)いとう神事があります。

これから一年の半分を無事に過ごせるよう、神社で厄払いをする日本の古くからの習慣なのです。
d0090161_16323064.jpg


それぞれの神社では、7月の初めまで茅の輪くぐりができます。

太い縄で編んだ大きく太い輪(茅の輪)を、左・右・左・左とくぐって、
最後に正面でお参りをするのです。

d0090161_16350041.jpg


とくにこの暑い夏を無事過ごせるように、僕もお参りしてきました。

このような日本の古い習慣は、それなりの根拠があるのでしょう。

d0090161_16355582.jpg


d0090161_16365024.jpg

お参りしたから、しなかったからとて、特にどうこうと言ったことはないでしょう。

人は誰かのために生きていると信じます。
自分で気づかなかったとしても、長い人生の道筋でそのことが光を放つ時が来るのです。

d0090161_16371781.jpg

d0090161_16403288.jpg




京都・護王神社にて

(画像はクリックで拡大します)


Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)




# by chura-photo | 2017-07-02 16:41 | スナップ | Comments(0)
2017年 07月 01日

夏越の祓(なごしのはらえ)

早くも一年の折り返しとなりましたね。
これからの半年を無事に過ごし、厄を払う神事として
6月の末から「茅の輪くぐり」をする習わしがあります。


d0090161_12151462.jpg

京都の世界遺産・上賀茂神社に行ってきました。

ところが、ここ上賀茂神社は旧暦で夏越の祓をするというので、
その日は8月6日となるとのことでした。


d0090161_12155174.jpg


d0090161_12161899.jpg

神馬として、参詣者に人気があります。

d0090161_12164856.jpg



d0090161_12170696.jpg

(画像はクリックで拡大します)


Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)





# by chura-photo | 2017-07-01 12:07 | スナップ | Comments(0)
2017年 06月 24日

台湾縦断の旅(高雄~台北)ー最終ー

旅の最終日。
台湾の首都、台北市にやってきました。
d0090161_16372546.jpg
台湾最大の人口を擁し、急速な発展を続ける政治、経済、文化の中心地。

美しい翠玉白菜をはじめ、70万点に達する歴代文物を収蔵する「故宮博物院」から、
超高層複合ビル「台北101」まで、新旧の観光スポットを巡りました。

d0090161_16381536.jpg


グルメはお馴染み「鼎泰豊」の小籠包。
超高層ビル台北101のB1にある支店です。

行列のできるお店で有名ですが、ツアーの予約ということで
すんなりと席につくことができました。
d0090161_16430595.jpg

d0090161_16433432.jpg



台北北部の山間に位置し、海を一望できる風光明媚な街並みが広がる九份。

かつては金鉱発掘の街としてゴールドラッシュを迎えていましたが、
現在では石段や狭い路地、赤い提灯が特徴的なレトロな雰囲気を醸し出す街として、観光客から注目されています。

d0090161_16442379.jpg
d0090161_16444621.jpg

d0090161_16451041.jpg

故宮博物院

北京の紫禁城を模した堂々たる建物に、70万点に達する歴代文物を収蔵。中国文化の真髄に圧倒されます。
昨年度からすべて撮影可能という入館者に寛大なサービスが出来ました。
d0090161_16455915.jpg

d0090161_16462763.jpg


d0090161_16464994.jpg

d0090161_16481365.jpg

中正紀念堂
おなじみの「衛兵交代式」。

「中正」とは中華民国初代総統であった蒋介石に対する哀悼の意を込めて建てられました。

d0090161_16490723.jpg
d0090161_16492606.jpg



台湾の情報です。


(画像はクリックで拡大します)



Panasonic DMC TX1







# by chura-photo | 2017-06-24 16:50 | 旅行 | Comments(0)
2017年 06月 22日

台湾縦断の旅(高雄~台北)ー③ー

午前中の台南観光から台中市に移動。
台中市は
台湾第三の都市で、近代的な高層ビル、アートなど国際色豊かな街です。

台南市から高速道路で二時間余。
台湾の有料高速道路には、日本であるようなETCゲートがありません。
でも道路の要所には感知センサーがあります。

車の方はと言いますと、フロントウインドウガラスにバンドエイドのような
センサーが貼ってあり、これで感知器と交信するようです。


d0090161_09585942.jpg
宝覚寺に。

臨済宗の寺で日本と縁が深いお寺です。
先の大戦で亡くなった、台湾出身の日本軍人のお墓があります。

d0090161_09593180.jpg

彩虹眷村に。

有名なアートスポット。
再開発で取り壊しの運命にあった古民家に、一人の老人がアートを施し
それが有名になったのです。

d0090161_09595940.jpg
現在90歳余のお茶目で元気な老人です。

d0090161_10002369.jpg

台中国家歌劇院へ。

2016年にオープンしました。
設計者は日本の有名な建築家です。
d0090161_10005143.jpg
d0090161_10012054.jpg




(画像はクリックで拡大します)


Panasonic DMC TK1









# by chura-photo | 2017-06-22 10:01 | 旅行 | Comments(2)
2017年 06月 20日

台湾縦断の旅(高雄~台北)ー②ー

旅行二日目。
高雄市から台南市へと移動。
バスの旅でした。

d0090161_10274677.jpg

台南市は気候穏やかで、台湾グルメ発祥の地とも言われます。
古くから発展した都市で、清朝時代には台湾の首都でした。

d0090161_10281767.jpg
d0090161_10284490.jpg

d0090161_10285999.jpg
d0090161_10291765.jpg
ランチタイムはひなびた食堂へ。
台湾ラーメン、甘くない杏仁豆腐、そして野菜系の品のある団子スープなど、口にうるさい我が京都人にも納得の味でした。

d0090161_10321908.jpg
台湾では「台湾ラーメン」と言わないそうです。
なるほど・・・。
d0090161_10323644.jpg
d0090161_10324786.jpg
これ、甘くない杏仁豆腐。
でも、さっぱりしていてよかったです。
d0090161_10330679.jpg
d0090161_10334297.jpg

(画像はクリックで拡大します)



Panasonic DMC TK1



# by chura-photo | 2017-06-20 10:35 | 旅行 | Comments(2)
2017年 06月 19日

台湾縦断の旅(高雄~台北)ー➀ー

台湾、関西空港から飛行機で二時間余り。
新幹線感覚のように近くて暑い国でした。

今回はチャイナエアラインで。
まずは首都、台北市に。
そこから新幹線で南部の港町「高雄市」に移動。

台湾は九州ぐらいの大きさで、バナナを逆さにしたような形をしている。
国の東半分は山岳地帯。西半分は平野に分かれている。
新幹線は西の平野を走るので、日本のようにトンネルが一つもなかった。

湖畔に立つ一対七層の龍虎塔。
龍の入り口から入って、虎の口から出るという。

d0090161_17132956.jpg

d0090161_17140536.jpg

d0090161_17143688.jpg

d0090161_17145929.jpg


六合夜市。
港町だけに、海鮮料理が豊富。
1台湾元は、およそ3.7円。
日本円に換算すると、そこそこの物価水準だ。
この国が発展しているのか、日本経済が停滞しているのか・・・たぶん両方であろう。
d0090161_17155726.jpg
d0090161_17162115.jpg


d0090161_17164497.jpg
d0090161_17171089.jpg

d0090161_17173286.jpg


d0090161_17175317.jpg

d0090161_17181822.jpg


寿山公園。
港町を一望できる丘に立つ。
d0090161_17241152.jpg


d0090161_17243853.jpg
d0090161_17250203.jpg



(画像はクリックで拡大します)


Panasonic DMC TK1




# by chura-photo | 2017-06-19 17:26 | 旅行 | Comments(2)
2017年 06月 17日

花菖蒲と紫陽花

ー花菖蒲と紫陽花が一緒にー

京都の梅宮神社に行ってきました。

京都の神社としては小さく、地味ですが、ひろいひろいお庭があって菖蒲や紫陽花がいっぱい咲いていました。

一雨欲しい昨今ですね。
カンカン照りでは可哀そうな花園でした。


d0090161_17051081.jpg
d0090161_17053541.jpg

d0090161_17060402.jpg
d0090161_17063392.jpg
d0090161_17065438.jpg

d0090161_17071580.jpg

ただ一つ、全国的に有名なことが・・・

社務所に飼い猫が店番をしているのです。
拝観者に可愛がられています。
500円を差し出せば、猫が拝観券を差し出すのです(嘘です(笑))


d0090161_17082482.jpg


(画像はクリックで拡大します)





Nikon D7100(Nikkor AF-S 18-140mm VR)



# by chura-photo | 2017-06-17 17:08 | スナップ | Comments(4)
2017年 06月 04日

祇園白川のサギ

芸舞妓さんの味方、芸の上達にはご利益があるそうな「祇園辰巳神社」
が白川沿いにあります。


d0090161_23022797.jpg
何食わぬサギが、餌を探して白川を散歩する。


d0090161_23025539.jpg
そろそろ紫陽花の綺麗な季節。
鴨川の床どこも行ってみたい東山

d0090161_23035788.jpg



(画像はクリックで拡大します)



Panasonic DMC TK1








# by chura-photo | 2017-06-04 23:04 | スナップ | Comments(0)